FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS



in the sky

 空を見上げている。  どこまでも続く、あの空を。  あの雲の向こう側で、少女は今も泣いているのだろうか?  羽ばたくための翼をしまったまま、進むことも落ちることもできずにその場に留まり続けて。  流す涙は自分の為でなく。  そんなことにも気づけないほど、あの時の私は幼すぎた。  そして私は、彼女を救えなかった。  空を見上げる青年が一人。  その手には古ぼけた人形。  なんとはなしに気になった私は、彼の行動を目で追っていた。  通りがかった子供に声をかける青年。  立ち止まる子供たち。  青年は古ぼけた人形を地面に置く。  そして、その人形は不思議な力で大地を歩いている。  ──法術。  久しく忘れていた力。  私が失ってしまった力。  そして、少女を救うたった一つの希望。  私は、青年に近づいていった。  「その人形はどうやって動かしたんだい?」  青年は不審そうな目で私を見る。  いきなり見ず知らずの男に声をかけられたのだ、無理もない。  「別に。種も仕掛けもありゃしないさ」  「ほう。では、もう一度見せてくれないかね」  近くで見て、確かめたい。  この青年の力を。  「おっさん、俺は慈善事業でやってるわけじゃないんだぜ」  「そうかね?さっきの子供たちは君に何かくれたのかね?」  「ぐ、あ、あんな金持ってなさそうなガキからふんだくるわけにはいかねーだろ」  「まあ、いい。お金ならちゃんと払うよ」  そう言って私は財布から千円札を抜き取った。  「よし、そうこなくっちゃ!おっさん、あんたなかなか物分りがいいな。なら、特別気合入れてやってやるぜ」  青年が地面に古ぼけた人形を置く。  そして、両手に念をこめはじめる。  すると──  古ぼけた人形が生き物のように動き出す。  間違いなく、これは法術。  だが、何か、何かが足りない気がする。  そんなことを考えている間も、人形は動き続けている。  ああ、そうか。  これは──  「で、どうだ?」  青年が感想を求めてくる。  「ふむ。なかなか不思議な力だが、いかんせん面白みに欠けるな」  その人形からは“心”が感じられない。  「……手厳しいな」  このままでは──  「……少女は救えない……」  「は?なんか言ったか?」  「いや、何も。まあ、いい退屈しのぎにはなったよ。ところで、君はさっき空を見上げていたね。何を見ていたんだい?」  「何って、空さ」  「空の向こうに何があるかを考えたことはあるかい?」  「はあ?いきなり変なこと聞くな、おっさん」  「で、あるのかい?」  「……ああ、『この空の向こうには翼を持った少女がいる。それはずっと昔から。そして今この時も。同じ大空の中で翼を広げ て風を受け続けている』……俺が母親から聞かされた言葉だ。続きもあったみたいだが忘れちまった。この言葉にどんな意味があ るのかは知らねえが、空を見上げるたびにこの言葉を思い出すのさ」  私はその続きを知っている。  悲しい物語の終焉を。  しかし、私はそれを青年に告げはしない。  それは、この青年が自分自身で向き合わなければいけないことなのだから。  「そうか。君はその少女のことをどう思う?」  「わかんねーよ、そんなこと。ただ、俺はその少女に会わなければいけない。そんな気がするだけだ」  「……ありがとう。それを聞いて安心したよ」  「?おっさん、別に俺は感謝されるようなことはしてないぜ」  「いや、いいんだ。さて、私はそろそろ帰るとするよ。……会えるといいな、その少女に」  「……ああ」  別れの挨拶もそこそこに、私は青年の前から立ち去った。  青年はまだ知らない。出会ってからの苦しみを。  だからこそ、あの青年ならば救えるのかもしれない。  空の彼方で泣きじゃくる、無限の檻に囚われたあの少女を。
<終幕>