FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS


 

探検へゆこう!

   とも:おおい、こんなもん貰ったぞ!  大阪:なんやなんや。  ちよ:あ、何かの地図みたいですね。  とも:聞いて驚け!これは「宝の地図」なのだよ、諸君!!  よみ:なんかうさんくさいな。誰にもらったんだ?  とも:ん?ああ、あそこにいる怪しいオヤジからだけど?  よみ:ほう………って、あれ木村じゃん!!  とも:え?そうなの?  ちよ:でも、なんだか違うような気もしますよ。ほら、眼鏡とかけてないですし。  よみ:う〜ん、そういえば。  大阪:あ、そういえばこの間向こうの友達と電話でしゃべってん。そいつの名前も木村っていうんやけど、木村の話したら、     「そいつは木村やあらへん」言うとったで?  よみ:あんたは黙っとれ。  とも:え〜い、細かいことは気にしない!とにかく突撃あるのみよ。それじゃ行くわよ、榊ちゃん!!   榊:……え?  よみ:たくしょうがないな。   榊:あの……  大阪:まあまあ、楽しそうでええやん。   榊:えと……  ちよ:どうしたんですか?早く行きましょう。   榊:あ、ああ……
・・・・・
 大阪:で、ここどこなん?  ちよ:さあ、とりあえず地図どおりには辿りつけたと思うんですけど……  よみ:あやうく鳥取砂丘を拝むことになりそうだったけどな。  とも:いいじゃん、いっぺん行ってみたかったんだから。  よみ:よくねーよ。   榊:あ……  とも:ん、どうした榊ちゃん。お〜、あれは!  大阪:洞窟やな。  ちよ:洞窟ですね。  よみ:……まあ、あれだけでっかく「洞窟」って看板でてると、つっこむ気力も失せるよ。  とも:じゃあ、早速行ってみよう!榊ちゃん、さあ、どーんと入っちゃって。   榊:え?  ちよ:お願いしますぅ〜。   榊:………わかった。
・・・・・
 大阪:おおっ、洞窟だけあってさすがに暗いわ。  よみ:なあ、ちょっと奥に行きすぎたんじゃないのか?  ちよ:ううっ、ちょっと恐いです……  とも:よし。よみ、レミーラだ!  よみ:はぁ?!  とも:あんた魔法使いでしょうが。レミーラも唱えられないくらいレベル低いのか?  よみ:何言ってるんだ?  大阪:あー、よみちゃん魔法使いやて。え〜な〜。なあなあ、うちわうちわ?  とも:う〜んと、天然素材。  よみ:そんなクラスあるか!   榊:あ……(スイッチだ)ポチッ。  ちよ:わあ、明るくなりましたよ〜。  とも:うん。よみ、ナイスだ!  よみ:私じゃない!
・・・・・
 とも:どこだ〜、ローラ姫〜!!いたら返事しろ〜!!  ちよ:誰ですかそれ?  大阪:ローラ姫っていうのはな、竜王っていう悪者に捕まったどっかの世界のお姫さんのことや。  とも:そう。そしてローラ姫を救い出すのが私たちに課せられた使命なのよ!  よみ:おいおい、ただの宝さがしじゃなかったのか?  とも:何言ってるの。そんなことじゃ「王女の愛」は手に出来ないわよ!  よみ:いらん、そんなもの。  大阪:でも、あれがないとクリアはでけへんよな。  ちよ:?なんの話してるんですか?   榊:……あ、箱が。  大阪:宝箱やな。  ちよ:宝箱ですね。  よみ:いや、よく出来たびっくり箱かも。  ちよ:とにかく開けてみましょう。  とも:待って、ひょっとしらミミックかも……  大阪:うわっ!恐っ!!  よみ:なんなんだ、お前らは?  とも:よし、また魔法使いの出番だ!よみ、インパスを唱えてちょうだい。  よみ:出来るか!  とも:……仕方がない。ここは私が。うぉ〜〜〜りゃぁ〜〜インパ〜〜〜〜〜ス!!!!!  ちよ:す、すごい。  大阪:ああ、あんなインパス始めて見たわ。  よみ:ただ箱振り回してるだけじゃん。  とも:はぁ……はぁ……もう、いいわよ。榊ちゃん、パス。   榊:え?  とも:開けちゃっていいわよ。  ちよ:榊さん、早く開けてください。   榊:あ、ああ…………………………!!!!!!!  大阪:どうしたんや?   榊:…………こが……  ちよ:え?  よみ:な、なんだか目が恐いぞ……   榊:…ねここねこが……  とも:え?え?ちょっと、榊ちゃん、なんで私を睨んでるのかな?   榊:かえせ〜〜〜〜!!!!!(ダッシュ)  とも:どぅうぁ〜〜〜〜!!!どうした榊ちゃん!(脱兎)  大阪:……行ってもうたな。  ちよ:なんだったんでしょうね。  よみ:なあ、これなんだか分かるか?  ちよ:うわっ!粉々ですね。  大阪:まあ、あれだけ振り回せば当然の結果やろうな。  ちよ:あ、もしかして榊さんこれがなんだか分かったんでしょうか?  よみ:そうだろう、多分。  大阪:さすがやな、榊ちゃん。
─終劇─